ハンギングバスケットコンテスト情報

前回のぐんまフラワーパークに続きまたまたコンテスト情報です。

 

日本ハンギングバスケット協会群馬県支部主催のハンギングバスケットコンテストが

「フラワーガーデン泉」さんの協力を得て今週末から開催されます。

期間は6/30(土)~7月3日(火)の4日間

フラワーガーデン泉さん(群馬県前橋市今井町165-4)が会場です。

 

このコンテストは、

日本ハンギングバスケット協会群馬支部がハンギングバスケットの啓蒙と

ハンギングバスケットマスター会員の技術の向上を目的に開催するもので

6/29(金)は出品者の約半数が

デモンストレーションを兼ねてイベントホールで作品を作成するとのこと!

コンテスト作品はサイズの大きい、華やかなハンギングバスケットが要求されるため高い技術が必要となります。

 

花と緑のぐんまづくりin吉岡~ふるさとキラキラフェスティバル~のコンテスト作品も

どれも迫力があり素晴らしかったですね。

     (群馬県知事賞作品)        (吉岡町長賞作品)

 

見学は自由なので、植え込みに興味がある方はイベントホールを覗いてみてはいかがでしょうか?

 

また、コンテストは来場者の投票で入賞が決まるシステムで

投票していただいた方全員に『花苗」のプレゼントがあるそうなので

是非会場でお気に入りに一票を投じてください。

投票期間は6月30日(土)10:00~15:00と7/1(日)10:00~12:00です。

期間が限られているのでピンポイントでお出かけくださいね。

 

 

群馬県内でもその名が高い『フラワーガーデン泉』さん。

苗のクオリティも高く,雑貨なども充実しています。

「ふるさとキラキラサポーターズクラブ」のサポーターズショップにもなっていただいて

サポーターズ会員の皆様はショップでのお買い物時にポイントを2倍にしていただけますので

お出かけの際は「ふるキラパスポート」を忘れずにお持ちください。

 

コンテストの様子は後日また御報告します!

 

 

 

 

Published 2018/06/28 -Wrote-

ぐんまフラワーパーク ハンギングバスケットコンテスト

梅雨に入り,うっとうしい毎日が続きますね。

雨に打たれた紫陽花も風情がありますが、

こんな時期だからこそ華やかな花に囲まれたいと感じるものです。

 

そんな気持ちを察したように

現在ぐんまフラワーパークで『ハンギングバスケットコンテスト』が開催されています。

室内で行われているこのコンテスト。

会場に一歩入れば、その作品の素晴らしさに圧倒されます。

期間が6月24日(日)までと短いので

皆様どうぞ急ぎ会場にお出かけください。

 

 

出品作品44点の中から選ばれた上位3作品をご紹介します。

     最優秀賞((一社)日本ハンギングバスケット協会理事長賞)

             「水無月の空」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         優秀賞((株)ぐんまフラワー管理 社長賞)

              と・き・め・き

        優秀賞(カネコ種苗株式会社 社長賞)

              赤城百景

 

室内灯の関係で綺麗に撮れなくてすみません。

この他にも素晴らしい作品がずらり!

個人的に好きな作品をアップさせていただきますね。

 

            待ちどおしい夏

 

             cocon

 

           光のシャワーを浴びて

 

             秘めた情熱

 

            いとしさの花籠


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉園間際に駆け足で会場を回ったので

カメラに全て収めることが出来ず残念です。

出品されている全てが素晴らしい作品でした。

どうぞご自分の目でお確かめくださいね。

最終日は6月24日(日)です。

 

 

 

Published 2018/06/21 -Wrote-

花緑体験教室 『フラワーアレンジメント

4月30日(月・祝)に開催した花緑体験教室「フラワーアレンジメント」の報告です。

 

毎年人気のフラワーアレンジメント!

今年はふるきらサポーターズショップの「M’s palette (エムズパレット)」さんに講師をお願いしました。

M’s palette (エムズパレット)さんのホームページ     https://www.mspalette.com/

 

 

まずはお花の扱い方から。

・切り花は、水を吸い上げる場所は茎の1カ所しかないので、スプレー咲きの花はパーツに分けて、それぞれの茎から水を吸い上げるようにした方が花保ちが良い。

・アレンジする前に新聞紙等で包んで深水(大きなバケツ等に多めに水を張って入れる)をして水揚げをする。

・水揚げの際は茎をまっすぐに!(ストローで吸い上げる要領で、まっすぐの方が水の吸い上げが良いそうです。)

・茎は必ず斜めにカットすると、その分水を吸いあげる部分が増えて花が長保地する。

 

全ての工程一つ一つがお花が美しく咲かせるためのもので

先生のお花に対する愛情がびっしり。

 

お花のチョイスも素敵で、まさに春のイメージです。

 

初めての方も多くいらっしゃいましたが

先生の優しく丁寧な指導で、1時間程度で素敵なアレンジが完成!

 

三つ並ぶとさらに豪華♪

 

みなさん、この世に一つだけのフラワーアレンジメントが完成して

大満足のご様子でした!

ご参加頂いたみなさん、お疲れ様でした。

 

花緑体験教室の予約は明日(5/2(水))まで可能です。

フラワーアレンジメントは5/4(金・祝)10時から開催を予定していますので

ふるってお申し込みください。

予約専用電話番号は 027-252-5661 です。

お申し込みをおまちしています。

Published 2018/05/01 -Wrote-

花苗の無料配布を行いました。

ホームページのトップページでお知らせしたとおり

4月21日(土)11:30~メーン会場(総合案内)で花苗の無料配布を行いました。

 

用意した苗は袋詰めにして

 

集まって頂いた皆さんに配布しました。

 

暑い中、時間を割いて頂きありがとうございました。

おうちで綺麗な花を咲かせてくださいね。

 

Published 2018/04/26 -Wrote-

花と緑のぐんまづくりin中之条から3年。今年も中之条ガーデンズの花フェスタ春に行ってきました。

花と緑のぐんまづくり2015in中之条~ふるさとキラキラフェスティバル~から早3年。

メーン会場となった花の駅 美野原が今どのようになっているかご存じですか?

 

花と湯の町中之条をスローガンとしている吾妻郡中之条町にある、当時のメーン会場花の駅 美野原は「中之条ガーデンズ」と改名し、現在ステキなガーデンの整備が進んでいます。

 

 

ふるキラ開催時に完成した「パレットガーデン」等はそのままに、当時大花壇があった場所は「スパイラルガーデン」として再整備されており、見所がどんどん増えていました。

 

 

 

花フェスタ春としての2日間では各種ステージイベント、園内を走る人力車、乗馬体験等、遊びだしたら止まらない場所がたくさんありました。

 

今後もローズガーデンが整備される予定があるらしく目が離せませんね(*^_^*)

 

さらに、7月21日(土)~23日(月)には第24回 全国花のまちづくり中之条大会が開催されるとのことで、今後も花と緑による町の活性化が楽しみです。

 

http://www.town.nakanojo.gunma.jp/garden/n-gardens/

 

 

Published 2018/04/25 -Wrote-

影の立役者

開会から10日。

ふるきらフェスティバル会場の花達は

 

町民花壇も

 

会場のあちこちを彩る飾花も

 

大人気のコンテスト作品も

 

 

ますます美しさを増しています。

 

 

それもそのはず
担当の方の
懸命の水遣りが、このコンディションを支えているんです。

水道が無くてもへっちゃら。

こんな車が登場して

 

高いところのハンギングバスケットだって、ほらこの通り。

 

思わず肩を抱くような、冷たい風が吹いたり
真夏並みに気温が上がり、昼夜の温度差が20度近く変動したり
例年以上に過酷な毎日ですが、
スタッフの皆さんに支えられて
会場の花達は今日も綺麗に咲いています。

会期は5月の13日(日)まで。

どうぞお出かけください。

Published 2018/04/25 -Wrote-

花と緑のコンテスト 受賞作品発表!

花と緑のぐんまづくり2018in吉岡〜ふるさとキラキラフェスティバル〜
の中で行われている『花と緑のコンテスト🌸』
受賞作品をご紹介します❣

ハンギングバスケット部門

群馬県知事賞 「Retro Roman」 寺町 時子 さま

吉岡町長賞 「My  heart」 吉田 美津子 さま

日本ハンギングバスケット協会群馬県支部賞 「やさしい風」 篠原 陽子 さま

奨励賞 「輝き」 黒岩 留美 さま

コンテナガーデン部門

群馬県知事賞 「ありがとう」 尾内 佳子 さま

吉岡町長賞 「ノア(noah) 新天地を求めて」 佐々木 佐千江 さま

群馬県園芸協会賞 「旅に出ます。」 吉田 美津子 さま

 

奨励賞 「あの木の下で」 勅使川原 佐智子 さま

おもしろプランター部門

ぐんまちゃん賞 「巣立ち」 櫻井 康子 さま

ふるさとキラキラ賞 「花を見ながら野菜でかんたんbrunch!」 菅野 るり子 さま

 

今年は例年にも増して素晴らしい作品が集まり、審査員も順位をつけるのが大変だったようです。

1つ1つがとても手が込んでいて、出品者の思いが詰め込まれた素晴らしい作品ばかりです。

どうぞ会場で、じっくりご覧ください。

審査員による審査は終わりましたが、今年は来場者のみなさんに選んでいただく「一般投票」をご用意しています♪

投票期間 は4/28(土) 、29(日)、30(月・祝)の3日間
投票用紙は総合案内と文化センター入り口に用意してあります。
また投票箱は総合案内にあります。

投票していただいた方にはもれなく、お花の種をプレゼント🎁

あなたの選ぶNo.1は、どの作品?!

投票をお待ちしています❤

Published 2018/04/16 -Wrote-

吉岡町の皆さんと町民花壇を作成しました♪

いよいよ「ふるきらフェスティバル」オープニングまであと3日!となりました。

 

会場では4月7日(土)に

吉岡町の皆さんにご協力を頂いて作成した『町民大花壇』がお出迎えしてくれます。

 

勢多農林高等学校のご協力によって作り上げた自慢のこの大花壇♪

 

生徒の皆さんに教えてもらいながら、ちびっ子も大活躍です。

皆さん黙々と作業にあたってくれました。

 

花は『見てもらったり』『声をかけてもらったり』すると、余計に頑張って綺麗に咲いてくれるそうです。

 

咲いている花たちに『頑張って』・・・って、エールを送ってください。

会場でお待ちしています。

 

 

 

寄せ植えもたくさん作りましたよ。

会場のあちこちに設置して、フェスティバルを彩ってもらう予定です。

Published 2018/04/11 -Wrote-

 

ねがはくは  花のしたにて春死なん  そのきさらぎの望月の頃

 

桜が盛りを過ぎ、花びらを散らせ始めるこの時期になると、西行法師のこの歌が心に浮かびます。

旧暦の如月は、今の4月初め頃にあたるのだそう。

 

最期の時はこの時期にこの花の下でと切望するほどのその艶姿に恋い焦がれる気持ちは、

立場や時間の流れを超えてシンクロするものがあるのかもしれません。

 

今年の異常な暖かさはそんな桜をゆっくりと愛でる間を与えてくれませんでした。
この瞬間にも桜前線は北へ、北へ!

 

今週末に出かけた中之条ガーデンズで
ようやく捕まえたのがこちら。
刹那の美しさです。

ふるキラフェスティバルのサブ会場でもある中之条ガーデンズでは、吉谷桂子先生プロデュースのスパイラルガーデンをはじめ


花桃も


レンギョウも


春の色でいっぱいでした。

逃げ足の速い春を捕まえに

みなさま是非お出かけください。

Published 2018/04/09 -Wrote-

3.11を風化させないように

3.11 東日本大震災

この時期になると、テレビや新聞等でこのフレーズを目にするのではないでしょうか。

 

これは現実の映像か?と思うぐらいの衝撃的な光景がテレビで流れていた事を

ついこの前のように思い出します。

この群馬県において津波はピンと来ないかもしれませんが、

高速道路や新幹線等で海に遊びに行くことが身近になった昨今では、

たまたま遊びに行っていた時に起きてもおかしくありません。

 

また、噴火や大雨による山や河川等の自然災害は、普段生活している所から、

見える範囲で起こりうるものです。

 

普段から、自分の住んでいる地域はどのような所なのか。

また、いざという時どのような動きをするのか確認しておいたりすることも、

防災や減災に繋がっていくものだと思います。

 

3.11の震災を過去の出来事にするのではなく、

これからの教訓として風化させないようにしていくと共に、

被災地域の1日でも早い復興をお祈りします。

 

Published 2018/03/11 -Wrote-