花と緑のぐんまづくり2012in前橋 ついにグランドフィナーレ!!

4月14日から開催してまいりました「花と緑のぐんまづくり2012in前橋」。
昨日、5月13日についにグランドフィナーレを迎えました。

雨がふってしまったオープニングセレモニーとは対照的に
素晴らしい天候に恵まれました。

当日の会場の様子

このような快晴の空のもと、多くの方の御参加いただき、クロージングセレモニーが開催されました。

主催者、御来賓の方の挨拶の後は、
「花と緑のコンテスト」の群馬県知事賞受賞者の方への表彰式です。

花と緑のコンテスト表彰式の様子

 このコンテストも今回の前橋で4回目を迎えますが、毎回、多くの方に御出展頂いております。どの作品も本当に美しい作品ばかりで、皆さんの作品があることで、会場が更に彩りをあるものになっていると、実感しています。出展いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 また、今回のフェスティバルでは、本当に多くの市民ボランティアの方に御協力頂きました。市民県民交流大花壇の花植え、日常の花柄摘みなど、延べ400人を超える市民ボランティアの方に御協力頂きました。今回は、ボランティアの皆さんを代表いたしまして「花みどりサポーターズ敷島」の山藤様に感謝状贈呈をさせていただきました。

感謝状贈呈式

 ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

 このフェスティバルは、県内各都市をリレー形式で開催することになっており、来年度は伊勢崎市で開催されます。今回のセレモニーにて、「花と緑のぐんまづくり”楯”」が、花と緑を愛でる精神とともに、前橋市長から伊勢崎市長に引き継がれました。

楯引き継ぎ式

 そして最後は、今回のフェスティバルで御協力頂きました関係者の皆様、ご来場頂いております皆様に感謝の気持ちを込めて、クロージングコンサートです。

 演奏していただくのは、前橋女子高校ギターマンドリン部の皆さんです。
 「水と緑と詩のまち”前橋”」を代表する詩人、萩原朔太郎も愛した「マンドリン」。前橋女子高校は、その萩原朔太郎のマンドリン演奏の孫弟子にあたる両角文則先生が講師にあたり、全国大会でも非常に優秀な成績をおさめている群馬を代表するギターマンドリン部です。
 クロージングコンサート

 およそ30分間の演奏でしたが、この30日間のフェスティバルの最後を飾るにふさわしい、素晴らしい演奏でした。感動!!

 4月14日から30日間開催してまりました本フェスティバル、これを持ちまして無事に閉会を迎えることができました。
 これも全て、市民ボランティアの皆様、花苗育成や会場内への出店、イベントなどに御協力頂きました県内の高校、農林大学校の皆様、花のゆりかごプロジェクトなど準備段階から御協力頂きました広瀬川河畔緑の少年団の皆様、広瀬川の花苗管理などで御協力頂きました公園愛護会の皆様、会場整備など様々な御協力を頂きました地元自治会・商店街の皆様、コンテストの出展や審査に御協力頂きました関係者の皆様、会場整備などで御協力頂きました前橋ガーデンクラブの皆様、お花の関係で御協力頂きました花の生産者や群馬県園芸協会、群馬県生花商業協同組合の皆様、その他御協力・御協賛頂いた市民・県民・企業・団体の皆様など、本当に多くの関係者の皆様に支えられたからこそと、実感しております。
 本当に、ありがとうございました。

 来年度は、伊勢崎市での開催となります。
 今回の、前橋で取り組み・成功を活かし、さらに伊勢崎らしさもくわえ、素晴らしいイベントとなるよう、今後、準備していきたいと思います。ぜひ、お楽しみにしてください!

 花と緑のぐんまづくり推進協議会では、今回の前橋のように、市民・県民の皆様と協力し、群馬県全体が美しく、元気な街になるよう取り組んでいきたいと考えています。
 今後とも皆様の御協力よろしくお願いしいたします。

 本当にありがとうございました。

  

Published 2012/05/14 -Wrote- miya