第68回群馬県花品評会 鉢物です。

 

群馬県庁1階の県民ホールで、

11月26日(木)と11月27日(金)の2日間、画像のようなスケジュールで

鉢物部門の品評会を開催しています。

 

知事賞は今年もシクラメン。

昨年は真紅の花でしたが、今回は上品な濃いピンクのフリルです。

白い縁取りで気品があります。

続く次席は巷で人気のフリルパンジー「ローヴドゥアントワネット」

 

人気が高く、手に入れることが難しいと聞いています。

色といい形といい、素晴らしい技術ですね。

 

反対側のフロアでは、県産のシクラメン100品種を展示しています。

 

気になったものをいくつかピックアップします。

↓ こちらは「リトルマタドールレッド」

↓「ララチェリー」

↓「ウインクシャワーレッド」

↓「マーフィキャンティ」

↓「オリガミ」

いろいろな花の形や色があり、どれも素敵です。

群馬県産のシクラメンの品質の高さは、全国でも有名とのこと。

こちらは非売品になりますが、見ているだけでも十分楽しめます。

どうぞお気に入りを探しに来てみてください。

 

Published 2020/11/26 -Wrote-

第68回群馬県花品評会(秋季)開催中です。

2020年10月7日(水)~8日(木)

群馬県庁1階の県民ホールで

第68回群馬県花品評会(秋季)が行われています。

初日の7日は審査があり、栄えある受賞作品が選出されました。

 

今回の最高賞、農林水産大臣賞はこちら↓

レモンフォセットという名を持つバラの花です。

今までのバラとは趣を変えた形と大きさで、迫力満点。

是非来場してその姿をご覧ください。

 

会場では

青紫の美しいバラ「ラベンダーシャワー」や

 

バラなのにアネモネの名を持つバラ、「シーアネモネ」など

一風変わった姿のバラが目を引きました。

ほかにもアジサイやエリンジウム、葉物など

群馬県選りすぐりの花きが一堂に会します。

 

最終日の明日8日(木)の午後2時からは、入賞以外の展示品の販売を行います。

正午から整理券を配布しますので、

購入を希望されている方はお早目にお越しください。

(展示時間:午前9時~午後2時まで)

問い合わせ 県庁蚕糸園芸課(027-226-3126)

 

 

 

 

Published 2020/10/07 -Wrote-

ぐんまフラワーパーク 2020「古花市」に行ってきました。

2020年9月27日(日)、ぐんまフラワーパークで開催した

2020「古花市」~Antique Floral Market~

に行ってきました。

今回で3回目となるこの「古花市」は、アンティークと花をテーマに、古物と花、グリーン、植物をモチーフとした作品を取り扱うショップが集結するマーケットです。

 

中央水場の両側にずらりと並んだ出展ブース。

看板代わりの活け込みも迫力満点です。

 

雰囲気のあるお店がたくさんあり、アンティーク好きにはたまりません。

花や緑を素敵に飾る提案に溢れ、とても参考になりました。

乗り物をプランターにするという発想が楽しいですね。

 

 

お花屋さんのブースでは、デモンストレーションも行われていました。

作品はもちろん、アレンジを作るかたもおしゃれです♪

 

扱われているお花もアンティークテイストのものや

ドライフラワーなどのショップが殆どでした。

ドライフラワー人気、高まっていますね。

 

ドライフラワーといえば

ふるさとキラキラフェスティバルのプレイベントの花緑体験教室は

いよいよ今週末(10月3日(土))開催です!

こちらも大人気で、参加希望者多数のため抽選となったようです。

当選された皆さま、どうぞ素敵な作品を作ってきてくださいね。

 

 

Published 2020/09/28 -Wrote-

群馬県産1万本のバラによるパフォーマンス ~ぐんまフラワーパーク~

すっかり秋めいて

ようやく花や緑に気持ちが向かう季節になってきました。

 

鮮やかな花色が恋しいこの季節にぴったりのイベントが

2020年9月19日(金)~9月22日(火・祝)の4日間

ぐんまフラワパークで開催されます。

その名も

「鶴よりいずる生命 一万本のバラ×座・草月」

開催期間中は、群馬県産の一万本のバラをメインにした

ダイナミックな竹の作品が展示されるほか、

初日の2020年9月19日(土)13時30分からは、

園内のとんがりテントで

生け花の3大流派の一つである「草月流」のパフォーマンスユニット

「座・草月」によるライブパフォーマンスが開催されます。

伝統に培われた美意識と技術で、瞬く間に作り上げていく圧巻の生け花芸術を

是非ご堪能ください。

 

また、9月20日(日)、21日(月・祝)の両日11時からフラワーホールで

草月流群馬県支部による「楽しく!いけばな体験」が行われます。

イベントの詳細は

ぐんまフラワーパーク(フリーダイヤル0120-1187-38)

までお問い合わせください。

 

ぐんまフラワーパークは

花と緑のぐんまづくりのサポーターズショップです。

ふるさとキラキラ・サポーターズクラブ会員は、

ふるキラパスポート提示で100円引きで入園できますので

お出かけの際は、忘れずにご持参くださいね。

 

なお園内は、新型コロナウイルス感染症予防対策を取っています。

来園時はご協力をお願いいたします。

 

Published 2020/09/17 -Wrote-

コチョウランに癒されて!

「花と緑のぐんまづくり2020in藤岡」の開催に合わせ、

富岡市のマルイ洋蘭開発センターさんから藤岡市に寄贈されたコチョウランのひとつが、

花と緑のぐんまづくり推進協議会に届きました。

 

「新型コロナウイルスの拡大で沈みがちな気持ちを癒やしてもらいたい」

…との思いが込められたこのコチョウラン。

白く清楚な佇まいは、どの角度から見ても美しく心が洗われるようです!

花の力って本当にすごいですね。

 

贈り主さんの願いどおり

ブログを見てくださったみなさまの心が少しでも癒されますように!

 

暖かいお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。

 

 

Published 2020/05/01 -Wrote-

朗報!

あけましておめでとうございます。

今年は暖冬傾向とのことですが、朝晩の冷え込みはやはり厳しく、例年よりはマシとはとうてい思えません。

庭を見回しても、ただただ茶色の世界。
でも背景が暗い分、パンジーやハボタンなどの冬花の色味は、そこだけスポットをあてたようにくっきりと鮮やかに浮かび上がり、とても印象深いです。

 

美人さんがひしめく春とは違い、冬の花達はひとつひとつがとても貴重。
私も花に生まれるなら、是非冬花でお願いしたいものです。

 

さて、ご紹介がすっかり遅くなりましたが、昨年秋に行われた第29回全国花のまちづくりコンクールで、群馬県のNPO法人渋川広域ものづくり協議会さんが最高賞の農林水産大臣賞を受賞されました!

ふるキラサポーターズ会員にもなっていただいているNPO法人渋川広域ものづくり協議会さん。
目立つ所では、国道17号関越道渋川伊香保インター周辺の白い紫陽花アナベルの植栽を手掛けていらっしゃいます。
インター付近のアナベルといえば、ピンと来る方も多いはず。

 

その他にも渋川駅前の飾花や沿道の植栽、小野池あじさい公園のガイドや

園児や児童を対象とした花育にも力を入れています。

花には精神を癒すヒーリング効果があると言われていますが、沿道の飾花が、我々にもたらすメリットはとても大きいと感じます。

地道で丁寧な活動をされているNPO法人渋川広域ものづくり協議会さんに、心からの感謝と敬意を表します。

本当におめでとうございました!

Published 2020/01/16 -Wrote-

ただいま開催中!群馬県花品評会(鉢物)

県庁1階の県民ホールで

今年も群馬県花品評会を開催中です。

日程は12/3(火)~12/4(水)の2日間。

今回の一等賞!知事賞はこちらの真紅のシクラメンでした。

シクラメンの出展が多い中、胡蝶蘭はまた格別の存在感です。

 

シクラメンもいろいろな色や形があって、見ているだけでも楽しめますね。

 

こちらは「オリガミ」という名前がついていました。

なるほど!

 

パンジーもニュアンスのある色味で、フリフリも愛らしい!

我家の庭にお迎えしたいです。

  

色鮮やかな群馬の花が並ぶ花品評会。

受賞作品以外は明日(12/4)の14時から一般販売するとのこと。

多肉植物の寄せ植え体験教室(12/4 10:00~12:00 先着順です!)もあるそうなので

皆様是非お出かけください。

 

Published 2019/12/03 -Wrote-

花のゆりかごプロジェクト

渋川土木事務所の花のゆりかごプロジェクトでは、

NPO法人渋川広域ものづくり協議会の皆さんと一緒に、

渋川市、榛東村、吉岡町の3市町村にある幼稚園や保育園等で花の種まきを実施しています。

 

今回は4カ所の幼稚園、保育園等で実施し、

「ポットに顔を作るんだよー!」と声をかけると、

元気よく「はーい!」と小さな指で穴を空けて3つの穴をあけ、

小さな種を丁寧にそれぞれの穴に撒いていました。

 

最後には、「大きくなーれ!大きくなーれ!」と水を撒いて、

お礼にと子ども達から歌のプレゼントをいただき

楽しく種まきを終えるごとが出来ました。

 

撒いた後の管理は子どもたちにお願いしているので、

皆の手でカワイイ芽が出るのを楽しみにしたいと思います。

Published 2019/05/15 -Wrote-

中之条ガーデンズ ガーデニングボランティア

ふるキラ便りVol.39の中でも募集記事を掲載した

中之条ガーデンズ のガーデニングボランティア!

せっかくのご縁なのでボランティア登録をして、さっそく活動に参加してみました。

 

今回参加したのは

横浜イングリッシュガーデンの監修を手掛けていることでも名高い

バラの育苗家「河合伸志」先生のローズガーデンの植栽です。

 

白いレースのような花がふわふわと絶え間なく咲く「オルレア」や

可憐な花姿の「リナリア」

 

ラベンダーやナデシコ、ゲラニュームなど、植え込む苗はどれもニュアンスカラーがチョイスされ、バラを引き立てる設えになるよう設計されています。

もちろん、全て河合先生自らが厳選したものだそう。

 

植え込む場所にポンポンと置かれている苗を、集まったボランティアで植え付けていきます。

ところどころ固くなったところもありましたが、腐葉土を含んだふんわりとした上質の土です。

ガーデンズのこだわりですね。

 

 

昨年植えた宿根草もボリュームが出てきています。

バラは大事に防寒されていました。

 

植え込み終了!

数か月後の満開の時期が待ち遠しい♪

 

別日程で、吉谷桂子先生のスパイラルガーデンの植栽も予定されていました。

 

 

 

美しい庭を見るのはもちろん楽しいですが

こうやって作庭に関わることはとても勉強になります。

ましてや有名な先生が監修されている庭なら、苗選びや配置、色遣いなどすべてが書き留めておきたくなるくらいのレベルの高さです。

 

中之条ガーデンズでは、引き続きガーデニングボランティア募集しているとのこと。

春の庭はたくさんの人の手を必要としています。

興味のある方は中之条ガーデンズまでお問い合わせください。

 

 

 

 

Published 2019/04/03 -Wrote-

花と緑のぐんまづくり推進事業 実践編

花と緑のぐんまづくり推進事業の一つに

「花のゆりかごプロジェクト」があります。

これは『住民と高校、県が協力して花苗を育成し、「街・里(まち)」や「自宅」に花を供給する』もので、県内各地の地域協議会(土木事務所)が窓口となって実施しています。

今回は、伊勢崎土木事務所にインターンで来ていた伊勢崎商業高校の生徒さんに「花と緑のぐんまづくり推進事業」を学んで貰うべく、

『実践編』と銘打って

花のゆりかごプロジェクト育てたパンジーの苗を活用した、植え込み作業を実施しました。

まずは花と緑の推進事業についての説明を聞いて・・・

 

ペットボトルで簡易の土入れを作り・・・

 

いよいよ植え込み!

花のゆりかごプロジェクトで育てたパンジー苗は、可愛らしいクリーム色でした。

ピンク色のチューリップの球根をプランターの中に忍ばせてあります♪

 

土木事務所のみなさん総出でお手伝いいただきました。

 

他の植物と合わせて作った寄せ植えと一緒に、玄関前に飾って完成です。

こちらの寄せ植えには赤色のチューリップの球根が植え込んであります。

春が楽しみですね♪

 

植え込み終了後、インターン生の皆さんには

観葉植物プミラを植え込んだ持ち帰り用のトピアリーを作って貰いました。

 

トピアリーとは、樹木を刈り込んで作られた自然の造形物のことです。

今回は、針金で作った土台に水苔を巻き、つる性植物を植え込んで這わせる簡単なトピアリーを作りました。

 

プミラはゆっくりと確実に育っていく植物です。

身近でその生長を楽しんで

もっともっと花と緑に興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

種から苗を作り、花を楽しむこのプロジェクトは

植物を育てる醍醐味が味わえる取り組みです。

今後も県内各地域協議会(土木事務所)を窓口に活動を行いますので、興味のある方は最寄りの連絡先までお問い合わせ下さい。

 

 

Published 2019/01/04 -Wrote-