繊維のまち桐生 「ふるさと」の「キラキラ」を継承する若者たち。

まだまだ残暑が厳しく、スタッフも外回りでヘロヘロになっております。

しかし!そんな暑さを吹き飛ばすような、生徒たちの創造力はじける授業を取材してきました。
次回のふるさとキラキラフェスティバル開催地・桐生市にある、桐生第一高校ファッションコース。
この日は、市内の染色企業を講師にして、絞り染めの実習が行われました。

これがふるさとキラキラフェスティバルと何のつながりが…?
桐生市は古くから糸へんの産業(織物・編物・刺繍など)で栄え、関連する工程がほぼ全て市内にあり、現在も国内有数の繊維のまちです。
「ふるさと」の「キラキラ」には欠かせない、文化として根付いた産業なのです!

こうした文化に関連のある学科を持つ市内の高校には、ふるキラのイベントメニューにもご協力いただいたりして…??

さて、今回の実習の講師は、市内にある染色企業の横倉繊維さん。
タイダイ染めと呼ばれる、絞り染めでオリジナルのグッズを制作しました。
まずは、講師から丁寧な解説。


どんな色を出したいのか、生徒がそれぞれに持っているイメージを実現するために、色の組み合わせから見ていきます。
ちょっとした比率の違いで無限の色を表現できるんですって!


どんな柄を配置したいか、素材を縛って、染料をかけていきます。
作りたいものを実現するため、講師と生徒で二人三脚。
「ここを縛って、そこにこの色を足して…」

友達と一緒に、「こうかな?どうかな?」

煮たり!?洗ったり!?
たくさんの工程を経て、みんなのオリジナルグッズができあがります。

どんなものを作ったのか…それは見てのお楽しみ!

 

手間暇かけて少しずつ作品を仕上げていく、日本の古くからの伝統技術は

こうして若い世代に引き継がれていくのですね。

この若者たちが、フェスティバルの会場でどのように魅せてくれるのか

今からとても楽しみです。

期待しましょう!

 

Published 2020/09/24 -Wrote-