「今がチャンス!」~新川公園の芝リニューアル工事完了~

今年の梅雨は長かったですね~。
人間界では「ちょっと><」なことでも、植物界では「今がチャンス!」なことがあったんです!

桐生市に、新川公園という、全面が芝のとてもきれいな公園があります。
この公園、長年の使用で、ステージ周りの芝が後退してしまっていたんです。
地面が見えてしまっている状態を何とかしようと、芝張り工事をしているところをキャッチしましたのでリポートします!

さて、最初はこんな状態。
風雨の影響なのか、ステージ周辺だけ、芝がなくなってしまっています。

これを何とかするために、軽トラいっぱいに積まれてきたこの芝を新しく張ります。
一束広げて見せてくれました!帯みたいで、これがあの広い芝生になるんだと思うと、ワクワクします。

まずは、土と芝の間を切って、境をハッキリさせます。
このまま芝を張っても、かなり段差があるので凸凹になってしまいますので、土を入れます。

トンボで土を広範囲に分けながら、平らにしていきます。
さてここで!取り出しだるは~、不思議な板~!(担当が一番テンション上がったところです)
この道具で地面を均したり、際の土を軽く固めていきます。



↑これですこれ。こうがい板については、みなさんググってみてください!
初めて見る職人道具に興味津々な担当に、みなさん作業しながら使い方を教えてくださいました。ありがとうございます!!

でもこの作業、一度ではなく何度も繰り返しながらきれいに土で覆っていくのです。
結構な作業量ですが、みなさん集中を切らすことなく、丁寧に進めています。

土を入れ終わりました。これで土台作りが終わりました。
さあ、いよいよ芝を張っていきます!

境目は変則的な部分も多いので、そこは気にせず置いてきます。
際の部分は、人の手でカットします。これがまた手際がいいんです!
  はーいこれで敷き終わり!ところが違うんです。
まだまだ工程は続きます。

きれいに敷けたな~と思ったら、土を上からかけ始めちゃった…そんなことしていいんですか!?
職人「いいんです。隙間に土を入れるための作業なんですよ。こうして土をかけて、上から踏んで入れていくんです。結構細かく踏むので、かなりきつめのエクササイズになります(笑)」

ふみふみ、ふみふみ…
 そして踏み終わったら、余分な土を除いていきます。

最後は、水を下まで浸透させるために、たーーーーっぷり水を上げます。

プロフェッショナル軍団による芝張り工事完了!

来春のオープニングには完璧な姿を見せてくれるに違いありません。

楽しみに待ちましょう♪

 

Published 2020/08/05 -Wrote-