「花と緑のコンテスト」受賞作品を紹介します。

素晴らしい作品が集まった「花と緑のコンテスト」

審査会での厳正な審査の結果、受賞者が決定しましたのでご報告します。

その迫力や美しさは、画像では伝えきれません。

ステージイベントなどは中止となりましたが、コンテスト作品は公開しています。

どうぞコンテスト会場の新川公園で実際の作品をご覧ください。

 

ハンギングバスケット部門

群馬県知事賞 「花は 花は 花は 咲く」 山本 則子 様

 

 

桐生市長賞 「Trend fashion」 寺町 時子 様

 

 

日本ハンギングバスケット協会群馬支部賞 「春を織りなす」 増田久美子様

 

 

奨励賞 「心踊る春」 吉田 典子 様

 

 

コンテナガーデン部門

群馬県知事賞 「望郷」 佐々木 佐千江 様

 

 

桐生市長賞 「晴耕雨読」 渡辺 陽子 様

 

 

群馬県園芸協会賞 「裏山」 森木 治世子 様

 

 

奨励賞 「森の散歩道」 岡田 由美子 様

 

Published 2021/05/06 -Wrote-

花と緑のコンテスト審査会

4月21日(水)花と緑のコンテストの審査会を行いました。

審査を担当するのは、群馬県が依頼した各部門の専門審査員と、コンテストを主催する群馬県と桐生市の職員審査員の計6名。

 

専門審査員に審査するポイントのレクチャーを受けて、いよいよ審査スタート!

作品を見て評価し、それぞれの持ち点で点数をつけていきます。

どれも出品した方が心血を注いだ作品。
作品に込めたメッセージを見逃さないように、細部までじっくりと確認…。

皆さん真剣です。

 

作品審査の後は別室で審査員全ての点数の集計を行いました。

毎回の事ですが、素晴らしい作品が揃うこのコンテストは、配点がとても難しいそうです。

 

レベルが拮抗している中、僅差ではありましたが順当に受賞作品が決まりました。

ブログで紹介しますので、画像をご確認ください。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い5月4日からイベントの一部中止が発表されましたが、コンテスト作品はメイン会場の新川公園でご覧いただけます。

屋外の展示ではありますが、感染対策を万全にしてご覧ください。

 

Published 2021/05/06 -Wrote-

会場を飾る花たち。エピソード3

会場を彩る花たち。
実際に花を植えているわけではありませんが、会場の花たちを守ってくれている人たちがいます。
エピソード3では、スタッフが目撃した花守さんたちをご紹介!

 

ひとつはコンテストの搬入前の会場で。


桐生の強風で折れた枝が、万が一にも作品を痛めたりしないように、事前に危険な枝を落とす場面がありました。

オープニング前で、会場整備が大詰めのそんな時期に、労を厭わず黙々と作業を進める担当者さん。

丁寧に対応していただき、本当にありがとうございました。

 

 

また別の場面では、広い会場で散水作業をするシルバーさんの姿。


まとまった雨が降らないこの時期は、丁寧な水遣りが花の美しさを保つ要になります。
地道な作業ほど、忍耐と体力が必要になるもの。

毎日会場を潤していただき、本当にありがとうございます。

 

それ以外でも、沢山の人たちの力を借り、沢山の人たちの思いに支えられてこのフェスティバルが成り立っています。

 

残念ながら5月4日から新型コロナウイルス感染症の警戒度がレベル4に引き上がり、開催が難しくなってしまったイベントもありますが、会場を彩る花の美しさが、ともすればコロナ疲れで荒みがちな毎日の癒しになればと願います。

 

会期が終わる5月23日(日)まで、美しい花を守るための活動をどうぞよろしくお願いします。

Published 2021/05/06 -Wrote-

会場を飾る花たち。エピソード2

エピソード2で紹介するのは、4月16日(金)、4月17日(土)に行ったボランティアによるハンギングバスケット 作成です。

両日とも曇天~小雨のはっきりしない天候でしたが、大勢のボランティアの皆さんにお集まりいただきました。

 

作成は数回に分けて定員20名ずつ。
日本ハンギングバスケット 協会群馬支部のマスターの指導のもと、作成スタート!

ほとんどの方がハンギングバスケット初体験でしたが、1つ2つと作るうちにどんどん手際が良くなって…。

楽しい♪…という声もあちこちであがりました。

 

数回に渡って作成してくださるグループもあり、2日間で予定数のほとんどを作り上げる事ができました。

 

会場に飾るためのものなので、家に持ち帰ることは出来なかったのですが、

今回作っていただいたハンギングバスケット は、メイン会場の新川公園を中心に、沿道を美しく彩っています。

天候が不安定な中、集まっていただいたボランティアの皆さん。
関係者の皆さま。
本当にありがとうございました。

Published 2021/05/06 -Wrote-

会場を飾る花たち。エピソード1

「花と緑のぐんまづくり2021in桐生」の会場や沿道を飾る花たち。

その花壇やコンテナ、ハンギングバスケットの製作には

大勢のボランティアさんや関連団体のみなさんにご協力をいただいています。

 

いくつかの場面を切り取って、その雄姿を数回に分けて紹介させていただきます。

 

エピソード1は新川公園内の一画を彩る藤岡市PR花壇。

4月13日(火)、まだ吹く風が冷たい「春」の初めに行われたこの花壇の製作には

藤岡北高校の生徒さんたちにご協力をいただきました。

 

手始めは機材運びから。

重い土砂や木材を協力して運びます。

 

配置する場所に花壇となる木枠を組んで

 

土を均し

 

竹で組んだ生け垣や石を配置して

 

灯篭を配置してメインの紅葉と花々を植え込み、白い化粧砂を敷き詰めて

 

完成です!

 

完成した作品の前で記念撮影。みなさん、お疲れさまでした!

 

藤岡北高校といえば「国際バラとガーデニングショウ」の入賞経験もあり

その技術力には定評がある高校です。

メイン会場の新川公園で、ひときわ輝いていますので

会場にお越しの折は、ぜひご覧ください。

Published 2021/04/30 -Wrote-

沿道の植花を行いました。(花植えボランティア)

2021年4月10日(土)フェスティバルのメイン会場である桐生市新川公園周辺の沿道の植花を行いました。

寒い朝でしたが、植え込みを始めるころには気温も上がって花植え日和になりました。

 

今回の花植えボランティアにご協力をいただいたのは

桐生市婦人団体連絡協議会、群馬県建築士事務所協会、きりゅう女性協議会、

そして園芸関係の皆様たち。

たくさんの方にお集まりいただきました。

 

 

 

植花が始まると無機質な沿道が、みるみるうちにマリーゴールドのオレンジ色に埋め尽くされてとても綺麗♪

花の持つ力を感じます!

 

 

プランターの寄せ植えも、キンギョソウの赤い花とアジュガの青色に

ヒューケラのシルバーの葉が効いておしゃれです。

アナベルの白い花が加われば見ごたえ充分ですね。

 

 

サルビアはまだ開花前ですが、花が咲けば目が覚めるような赤色で埋め尽くされるはずです。

 

 

 

貴重な土曜日に時間を割いてご参加いただいた皆様。

本当にありがとうございました。

フェスティバル開催まで残り10日!

いよいよカウントダウンが始まります。

ファイナルにふさわしい、バラエティ豊かな楽しい企画を沢山用意していますので

開会を楽しみにお待ちください。

 

 

Published 2021/04/13 -Wrote-

「花と緑のぐんまづくりin桐生」の展示を行っています。(4/15まで/群馬県庁2階県民センター)

 

4/24(土)にオープニングを迎えるフェスティバルの開催に先駆け

県庁2階の県民センターで「花と緑のぐんまづくりin桐生」の展示を行っています。

 

開催市である桐生市の

「桐生織」などの伝統工芸品をご紹介♪

その精巧な作品たちを至近距離で堪能することができます。

 

 

 

また、展示台上のコーナーには、in桐生のグッズが並びます!

ボールペンや花の種などはお持ち帰りできますので

どうぞお見逃しなく!(なくなり次第終了になります。)

 

 

展示期間は4/15(木)までとなります。

イベントや桐生市のパンフレットなどもご用意していますので

ぜひ一度お出かけください。

 

Published 2021/03/30 -Wrote-

制作にかける熱い想い!(群馬県立桐生工業高等学校)

ふるキラ桐生では、学生さんの力もたくさんお借りして開催する予定です。
今回は期間中に作品の展示を予定している群馬県立桐生工業高等学校染織デザイン科から、生徒さんの活動の様子や展示作品の進捗状況について報告がありましたのでお伝えします。

 

作品に使う藍染めの布は、実際に生徒さんが染めています。

学校で栽培した藍を収穫し

丁寧に茎を取り除き

ジューサーなどで潰します。

出来た液体に布を浸し

干して完成!

藍の生葉を使ったこの「生葉染め」の他に
布で葉を包んで上から葉の繊維を潰すように叩く「たたき染め」なども綺麗な模様が楽しめます。

 

外部の方に講義に来ていただいた時に戴いた絹を、学校の中庭で育てた藍で「生葉染め」と「たたき染め」にしたノートカバー(裏地は桐生の生地を使っています。)は、ふるキラ桐生で展示予定です。

丁寧にパッチワークされています。展示の際にじっくりご覧くださいね。

 

現在完成している物はノートカバーだけになりますが、
高校では5月の展示に向けて作品の制作を進めてくれています。

 

まずはワンピース。
こちらは桐生の産地から提供していただいた布を使って制作中で、1月までに約14着が完成予定とのことです。柄の生地と白生地があるのですが、白い生地は染めも生徒さんがされているとのこと。

素敵ですね。

 

また、桐生工業高等学校では、地元企業との連携にも通り組んでいます。

生徒がデザインした柄を企業の方と打ち合わせてジャカード織機で織ってもらい、縫製するコラボレーショントートバッグは、取り組み4年目で既に17デザインのバッグが完成しています。

生徒さんと企業との打ち合わせや見学の様子はこちら↓


 

画像↓は昨年度までに完成したトートバッグを展示したものです。

1月まであと8個、合計25個のバッグを制作し、桐生で展示していただけるとのことです。

 

た、画像はありませんが、産地の桐生から提供してもらった白生地での浴衣や(年度内に5着完成予定)、学校で育てた綿を使った手紡ぎのコットンのショールも制作予定とのこと。

生徒の皆さんの地元愛と、制作にかける熱い想いが伝わってきますね。

桐生工業高等学校ではこの後、浴衣の制作風景や綿を紡ぐ様子なども報告してくれるとのことですので、情報が届き次第また紹介させていただきます。

どうぞお楽しみに!

Published 2020/11/30 -Wrote-

第68回群馬県花品評会 鉢物です。

 

群馬県庁1階の県民ホールで、

11月26日(木)と11月27日(金)の2日間、画像のようなスケジュールで

鉢物部門の品評会を開催しています。

 

知事賞は今年もシクラメン。

昨年は真紅の花でしたが、今回は上品な濃いピンクのフリルです。

白い縁取りで気品があります。

続く次席は巷で人気のフリルパンジー「ローヴドゥアントワネット」

 

人気が高く、手に入れることが難しいと聞いています。

色といい形といい、素晴らしい技術ですね。

 

反対側のフロアでは、県産のシクラメン100品種を展示しています。

 

気になったものをいくつかピックアップします。

↓ こちらは「リトルマタドールレッド」

↓「ララチェリー」

↓「ウインクシャワーレッド」

↓「マーフィキャンティ」

↓「オリガミ」

いろいろな花の形や色があり、どれも素敵です。

群馬県産のシクラメンの品質の高さは、全国でも有名とのこと。

こちらは非売品になりますが、見ているだけでも十分楽しめます。

どうぞお気に入りを探しに来てみてください。

 

Published 2020/11/26 -Wrote-

第68回群馬県花品評会(秋季)開催中です。

2020年10月7日(水)~8日(木)

群馬県庁1階の県民ホールで

第68回群馬県花品評会(秋季)が行われています。

初日の7日は審査があり、栄えある受賞作品が選出されました。

 

今回の最高賞、農林水産大臣賞はこちら↓

レモンフォセットという名を持つバラの花です。

今までのバラとは趣を変えた形と大きさで、迫力満点。

是非来場してその姿をご覧ください。

 

会場では

青紫の美しいバラ「ラベンダーシャワー」や

 

バラなのにアネモネの名を持つバラ、「シーアネモネ」など

一風変わった姿のバラが目を引きました。

ほかにもアジサイやエリンジウム、葉物など

群馬県選りすぐりの花きが一堂に会します。

 

最終日の明日8日(木)の午後2時からは、入賞以外の展示品の販売を行います。

正午から整理券を配布しますので、

購入を希望されている方はお早目にお越しください。

(展示時間:午前9時~午後2時まで)

問い合わせ 県庁蚕糸園芸課(027-226-3126)

 

 

 

 

Published 2020/10/07 -Wrote-