ただいま開催中!群馬県花品評会(鉢物)

県庁1階の県民ホールで

今年も群馬県花品評会を開催中です。

日程は12/3(火)~12/4(水)の2日間。

今回の一等賞!知事賞はこちらの真紅のシクラメンでした。

シクラメンの出展が多い中、胡蝶蘭はまた格別の存在感です。

 

シクラメンもいろいろな色や形があって、見ているだけでも楽しめますね。

 

こちらは「オリガミ」という名前がついていました。

なるほど!

 

パンジーもニュアンスのある色味で、フリフリも愛らしい!

我家の庭にお迎えしたいです。

  

色鮮やかな群馬の花が並ぶ花品評会。

受賞作品以外は明日(12/4)の14時から一般販売するとのこと。

多肉植物の寄せ植え体験教室(12/4 10:00~12:00 先着順です!)もあるそうなので

皆様是非お出かけください。

 

Published 2019/12/03 -Wrote-

今回も大盛況(^^♪(花緑体験教室)

こちらもフェスティバルのメインイベントの一つ!
毎回大好評の花緑体験教室を9月16日(月・祝)に開催しました。

 

まずはハンギングバスケット教室

 

小さなバスケットに沢山の花苗を植えこむハンギングバスケットは

作成にコツがいるので初心者には難しいのですが、

日本ハンギングバスケット協会群馬県支部マスターの指導でこのとおり素敵なバスケットが完成しました。

ジニアをメインにした季節の花々と

色とりどりの葉物が効いた素敵な作品です!

晩秋まで楽しめそうですね。

 

 

続いて多肉教室作品。

ブリキの屋根がついたお洒落な作品で、参加者は大喜び(#^.^#)

残念ながら教室風景の画像は撮れなかったのですが

アットホームな加部英子先生の優しい指導のもと、皆さん素敵な作品を仕上げていました。

 

 

午後一番に行われた季節の寄せ植え教室

今回担当した星野学先生の教室は、用意した沢山の花苗の中から7苗を選び

自分ならではの寄せ植えを作成するスタイルです。

ひとりひとりの個性が光る作品を、

ひとつひとつ先生が手に取って講評してくれます。

これもまた嬉しい♪

先生が作られた見本作品はこちらです。

見本に負けず劣らず、皆さん秋らしい個性的で素敵な作品を仕上げていました。

 

 

フラワーアレンジ教室の講師は

花あしらいと色遣いのセンスが光る桐生市のエムズパレットさん!

今回はプレゼントに最適なブーケアレンジを学びました。

 

わかりやすく丁寧な渡邊先生の指導に参加者はくぎ付け!

 

初めてとは思えないほどのプロっぽい仕上がりに一同大満足でした。

 

この他にも当日はたくみの里の会場内で

押し花やハーバリウムが体験できる教室も開催しました。

文字通り、花と緑に親しむ花緑体験教室は、次回も開催する予定です。

詳細が決まり次第ホームページやチラシ等でお知らせしますので

是非ご参加ください。

 

Published 2019/09/17 -Wrote-

花と緑のコンテスト 受賞作品はこちら!

例年と違い、暑い時期の開催となった今年の「ふるさとキラキラフェスティバル」!

端境期で花の数がぐっと減る過酷な時期にもかかわらず

花と緑のコンテストには今回も素晴らしい作品が集まりました。

受賞作品の画像を一気にご紹介しますので、その素晴らしさをご堪能ください。

 

ンギングバスケット部門

群馬県知事賞 渡辺 陽子さま 「moshi moshi」

 

みなかみ町長賞 寺町 時子さま 「natural」

 

日本ハンギングバスケット協会賞 小林 しま子さま 「心の栄養花みどり」

 

奨励賞 國田 智美さま 「オリジン ~源流へのオマージュ~」

 

一般投票特別賞 黒岩 留美さま 「新しい気持ち」

 

 

コンテナガーデニング部門

群馬県知事賞 紅陵造園株式会社さま 「爽秋」

 

みなかみ町長賞 勅使川原 佐智子さま 「はらっぱで遊ぼう」

 

群馬県園芸協会賞 大井 俊一さま 「秋色のみなかみ町」

 

奨励賞 川場村ガーデニング愛好会さま 「笑顔集まる川場村」

 

一般投票特別賞 尾内 佳子さま 「勿体ないから・・・」

 

おもしろプランター部門

ぐんまちゃん賞 YAMAMΟTΟさま 「祭りのあと」

 

ふるさとキラキラ賞 草野 光美さま 「高嶺の花を夢見て・・・」

 

一般投票特別賞 松井 春喜さま 「トレッキング」

 

惜しくも選外となった作品も、どれも甲乙つけがたい素晴らしい作品ばかりです。

暑い中、コンテストに出品してくださった皆様。

また、綺麗な状態を保つために、朝晩作品の水やりに尽力してくれているスタッフの皆様。

本当にありがとうございます。

 

花と緑のコンテスト作品は、たくみの里 豊楽館の北側駐車場で9/23(月・祝)15時まで展示しています。

様々なイベントも目白押しですので、どうぞご家族・ご友人と一緒に

会場に足をお運びください。

お待ちしています!

 

Published 2019/09/12 -Wrote-

参加者募集!!群馬県産のバラを使った親子のフラワーアレンジメント体験教室

群馬県蚕糸園芸課より、

群馬県産のバラを使った親子のフラワーアレンジメント体験教室開催の

情報が届いたのでお知らせします。

花とのふれあいを通じて花を飾る楽しさや花への理解を促進し、また、「バラ産地ぐんま」を発信して、県産花きの需要拡大につなげるため、県産のバラなどを使ったフラワーアレンジメント体験【案内】群馬県産のバラを使ったフラワーアレンジメント体験教室_案内教室を開催します。

詳細は下記のとおりです。

 

1.主  催   群馬県花き振興地域協議会
2.開催日時   令和元年 8月31日(土)  午前の部 10:00~11:30
午後の部 13:30~15:00
令和元年10月12日(土)    午前の部 10:00~11:30
午後の部 13:30~15:00
※4回開催のうち、1つ参加できます。

3.場  所    カネコ種苗ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町2471-7)
※参加者は入園無料

4.内  容     群馬県産バラをメイン花材とした親子でつくるフラワーアレンジ体験
・10㎝角程度のフラワーフォームを使ったフラワーアレンジを体験します。
・一人2作品を製作する予定です。

5.対 象 者   小学4年~中学3年生と保護者1名(計2名)
各回15組30名×2回×2日間 =のべ120名

6.参 加 費   無料
※参加者はフラワーパーク入園料も無料となります。

7.申込方法   FAXまたはEメールによりお申込みください(詳細はチラシのとおり)

先着順で定員となり次第締め切りとなります。
参加が決定した方には、蚕糸園芸課から御連絡いたします。

8.問合せ先    群馬県花き振興地域協議会事務局(群馬県農政部蚕糸園芸課花き係内)
TEL:027-226-3126  FAX:027-243-7202
Eメール:sanshien@pref.gunma.lg.jp

 

親子で是非お申し込みください!

Published 2019/08/06 -Wrote-

花のゆりかごプロジェクト

渋川土木事務所の花のゆりかごプロジェクトでは、

NPO法人渋川広域ものづくり協議会の皆さんと一緒に、

渋川市、榛東村、吉岡町の3市町村にある幼稚園や保育園等で花の種まきを実施しています。

 

今回は4カ所の幼稚園、保育園等で実施し、

「ポットに顔を作るんだよー!」と声をかけると、

元気よく「はーい!」と小さな指で穴を空けて3つの穴をあけ、

小さな種を丁寧にそれぞれの穴に撒いていました。

 

最後には、「大きくなーれ!大きくなーれ!」と水を撒いて、

お礼にと子ども達から歌のプレゼントをいただき

楽しく種まきを終えるごとが出来ました。

 

撒いた後の管理は子どもたちにお願いしているので、

皆の手でカワイイ芽が出るのを楽しみにしたいと思います。

Published 2019/05/15 -Wrote-

中之条ガーデンズ ガーデニングボランティア

ふるキラ便りVol.39の中でも募集記事を掲載した

中之条ガーデンズ のガーデニングボランティア!

せっかくのご縁なのでボランティア登録をして、さっそく活動に参加してみました。

 

今回参加したのは

横浜イングリッシュガーデンの監修を手掛けていることでも名高い

バラの育苗家「河合伸志」先生のローズガーデンの植栽です。

 

白いレースのような花がふわふわと絶え間なく咲く「オルレア」や

可憐な花姿の「リナリア」

 

ラベンダーやナデシコ、ゲラニュームなど、植え込む苗はどれもニュアンスカラーがチョイスされ、バラを引き立てる設えになるよう設計されています。

もちろん、全て河合先生自らが厳選したものだそう。

 

植え込む場所にポンポンと置かれている苗を、集まったボランティアで植え付けていきます。

ところどころ固くなったところもありましたが、腐葉土を含んだふんわりとした上質の土です。

ガーデンズのこだわりですね。

 

 

昨年植えた宿根草もボリュームが出てきています。

バラは大事に防寒されていました。

 

植え込み終了!

数か月後の満開の時期が待ち遠しい♪

 

別日程で、吉谷桂子先生のスパイラルガーデンの植栽も予定されていました。

 

 

 

美しい庭を見るのはもちろん楽しいですが

こうやって作庭に関わることはとても勉強になります。

ましてや有名な先生が監修されている庭なら、苗選びや配置、色遣いなどすべてが書き留めておきたくなるくらいのレベルの高さです。

 

中之条ガーデンズでは、引き続きガーデニングボランティア募集しているとのこと。

春の庭はたくさんの人の手を必要としています。

興味のある方は中之条ガーデンズまでお問い合わせください。

 

 

 

 

Published 2019/04/03 -Wrote-

花と緑のぐんまづくり2019inみなかみ

みなかみ町で開催する2019年度の「花と緑のぐんまづくり ふるさとキラキラフェスティバル」
たくみの里をメイン会場に、自然を活かした設えで皆様をお迎えする予定です。

 

春に開催するフェスティバルと違い、今回の見どころは「豊穣の秋」

黄金色に輝く稲穂や、白く可憐に咲き誇るソバの花

ユネスコエコパークに認定される自然あふれるそのロケーションは、秋開催ならでは!

 


皆様をお迎えする巨大なワラアートや

宿場通りの植栽の秋色も、楽しみのひとつです。

また、『たくみの里』で体験するいにしえの伝統技術に、どうぞ沢山の「わくわく」を感じてください。

 

いつも見ごたえ充分の「花と緑のコンテスト」も、もちろん開催します!

2018年度ハンギングバスケット部門「知事賞」

2018年度コンテナガーデニング部門「知事賞」

 

 

2018年度「ぐんまちゃん賞」

 

腕に覚えのある方はぜひ「花と緑のコンテスト」にご参加ください。

詳細はこちら! ↓

コンテストチラシ

コンテスト出展の手引き

 

ふるキラフェスティバルの情報は、これからも決定次第ご紹介します。

どうぞお楽しみに!

Published 2019/03/26 -Wrote-

花と緑のぐんまづくり推進事業 実践編

花と緑のぐんまづくり推進事業の一つに

「花のゆりかごプロジェクト」があります。

これは『住民と高校、県が協力して花苗を育成し、「街・里(まち)」や「自宅」に花を供給する』もので、県内各地の地域協議会(土木事務所)が窓口となって実施しています。

今回は、伊勢崎土木事務所にインターンで来ていた伊勢崎商業高校の生徒さんに「花と緑のぐんまづくり推進事業」を学んで貰うべく、

『実践編』と銘打って

花のゆりかごプロジェクト育てたパンジーの苗を活用した、植え込み作業を実施しました。

まずは花と緑の推進事業についての説明を聞いて・・・

 

ペットボトルで簡易の土入れを作り・・・

 

いよいよ植え込み!

花のゆりかごプロジェクトで育てたパンジー苗は、可愛らしいクリーム色でした。

ピンク色のチューリップの球根をプランターの中に忍ばせてあります♪

 

土木事務所のみなさん総出でお手伝いいただきました。

 

他の植物と合わせて作った寄せ植えと一緒に、玄関前に飾って完成です。

こちらの寄せ植えには赤色のチューリップの球根が植え込んであります。

春が楽しみですね♪

 

植え込み終了後、インターン生の皆さんには

観葉植物プミラを植え込んだ持ち帰り用のトピアリーを作って貰いました。

 

トピアリーとは、樹木を刈り込んで作られた自然の造形物のことです。

今回は、針金で作った土台に水苔を巻き、つる性植物を植え込んで這わせる簡単なトピアリーを作りました。

 

プミラはゆっくりと確実に育っていく植物です。

身近でその生長を楽しんで

もっともっと花と緑に興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

種から苗を作り、花を楽しむこのプロジェクトは

植物を育てる醍醐味が味わえる取り組みです。

今後も県内各地域協議会(土木事務所)を窓口に活動を行いますので、興味のある方は最寄りの連絡先までお問い合わせ下さい。

 

 

Published 2019/01/04 -Wrote-

今年も素晴らしかったです!群馬県花品評会(鉢物)

12月4日(火)~12月5日(水)に群馬県庁県民ホールで開催された、群馬県花品評会(鉢物)の様子をお伝えします。

 

鉢物のメインは冬の花の王道『シクラメン』

 

生産者さんが丹精を込めたスペシャルな花たちが

会場を埋め尽くしました。

何度も言いますが

一流の生産者さん達が愛情いっぱいに育てたシクラメンです。

見て下さい!この葉の密度!

シクラメンは葉の数だけ花をつけるという話なので

購入するときは「花が沢山咲いている」かどうかでは無く、

『葉が混んで沢山繁っている』ものをチョイスすることをお勧めします。

 

そんな素晴らしい花の中から、今年のベストに選ばれた花たちはこちら♪

 

その中でもひな壇に載せられたスペシャルな3点をご紹介します。

今年の知事賞はシクラメン『パール』

北毛鉢物研究会の永井和樹さんが手がけた花が選ばれました。

金賞(上毛新聞社賞)シクラメン『ビクトリア』

金賞(群馬県農業協同組合中央会長賞)コチョウラン

一枝に20輪ついた三本立てで、見たことが無いほど見事なコチョウランでした。

 

今年のシクラメンの流行はこのタイプのようです。

シクラメン『ウインク ホワイト』は、

花首が短く、鉢いっぱいに花がちりばめられて可憐な花姿が魅力です。

 

その他にも

多肉のリースや

 

こんなにかわいいフリフリのパンジーも出品されていました。

 

12月5日(水)の14時~行われる展示販売をめがけて

午前中から行列が出来ていたのは言うまでもありません。

(中には、椅子を持参して来場している方も・・・。人気の程がうかがえますね。)

 

今年残念ながら今回は会場に来られなかった皆さん。

大人気の群馬県花品評会(鉢物)は毎年この時期に開催しています。

群馬広報や新聞にも情報が掲載されますので

開催日程をご確認の上、次回は是非ご来場下さい。

 

 

Published 2018/12/05 -Wrote-

やったぜ!「1時間で最も多く提供されたすき焼き」ギネス記録達成

11月25日(日)に、すき焼きを通して県産畜産物の魅力を発信する

「オールぐんまdeすき焼きまつり」

・・・が開催され、すき焼きサーブとして「1時間で最も多く提供されたすき焼き」のギネス記録への挑戦が実施されました。

 

 

青空の下、老若男女の参加者が参加しており、サーブされたすき焼きも、目玉の牛肉、存在感のあるシイタケ、しらたき、その他野菜等、美味しい県産食材が詰まったすき焼きは絶品♪

もう一杯食べたいと思った参加者は私だけじゃ無いはず、、、

 

 

1時間の挑戦の結果、754食のすき焼きがサーブされ、見事ギネス記録認定となりました。

 

 

ちなみに、明日11月29日は「ぐんますき焼き」の日となっています。

たまには家族揃って「すき焼き」を囲むのもいいですね♪

 

これからも群馬のすき焼きの知名度が上がっていくことを期待したいです。

Published 2018/11/28 -Wrote-